生活家電、電化製品の出張買取いたします

オーディオとはチューナー、レコードプレーヤー、テープレコーダー、オープンリールデッキ、DAT、DAコンバーター、CDプレーヤー、MDプレーヤー、イコライザ、スピーカー、蓄音機、真空管アンプ、プリアンプ、パワーアンプ等種類は多岐にわたり。

また、それらを製造販売してきたメーカーのすべてを把握するのは私共も困難ですが、日々勉強の気持ちで取り組み高級オーディオの買取をさせて頂いております。

オーディオ好きの査定員が丁寧に査定させていただきます。

このページでは、特にハイエンドといわれるような、中古でも高値で取引されているものをほんの一例ですがご紹介していきます。

ミドルレンジ、ローエンド機など

など

上ではハイエンド機種に重点を置いてご紹介いたしましたが、所有している方はほとんどいないのではないのでしょうか?

グッジョブでは中級機種以下の物を多く取り扱っており、モチロン買取い大歓迎です。

・こんなメーカー大歓迎です!!(ほんの一例です)

オンキョー、サンスイ、DENON、パイオニア、ヤマハ、テクニクス、マランツ、ケンウッド、

ナカミチ、ダイヤトーン、ティアック、アキュフェーズ、マランツ、BOSE、B&W、JBL、Klipsch,TANNNOY、ALTEC、KRELL、Mark Lebinson、Macintoshn

上記以外にもオーディオメーカーは多数ありますお気軽にお問い合わせください。

オーディオ ヤマハスピーカー オーディオ サンスイアンプ オーディオ オンキョーアンプ オーディオ ソニー CDプレーヤー

ヤマハ NS1000M

1974年に発売されてから23年間作り続けられ20万台以上売り上げた名機ですね。

サンスイ AU-α907DR

1990年発売のプリメインアンプですね。サンスイのアンプは人気も高く中古市場ではよく見かけます。

オンキョー A-919

1992年に発売していたプリメインアンプです。オンキョーのアンプもそこそこの人気があります。

ソニー CDP-557ESD

1987年の物で当時の上位機種です。かなりの安価で取引されていますが中古商品としてはまだまだ健在です。

※、。

ハイエンド物たち

チューナー

オーディオのチューナーはパワーアンプやスピーカーを持たず、アンプに音声信号を送る機器です。

ラジオを聴く為だけのものと侮れない金額で中古品が売買され、私自身も驚きの機器も多数あります。

オーディオ チューナー オーディオ チューナー オーディオ チューナー オーディオ チューナー

セクエラ モデル1

かなり古いものですが発売当時の価格は驚きの148万円。

とても希少で性能よりステータス的存在で取引価格が高いようです。


ケンウッド L-02T

最高のFMチューナーと評判の名機です。1982年ころに30万円で販売された物ですが、状態の良い中古品なら新品時の価格に近い価格で取引されているから驚きです。

マランツ  10b

マランツの傑作です!!

とても古いものですが中古市場でもたまに見かけますがやはり高額で取引されています。

CD嫌いな方でも10bで聞くCD放送は好き!という方が多いようです。

アキュフェーズ T1100

この機種は最近の物ですね

定価は346,500円とちょっと手の届かない代物ですが、好評だったT1000の後継機という事もありで欲しい人も沢山いるのではないでしょうか?

※壊れていても買取可能な物もあります、あきらめずお問い合わせいただければと思います。

ターンテーブル

扱いは大変でさらに設置の環境にも大きく左右されたりといろいろ面倒なこともありますが、カートリッジやトーンアームまたは針圧のちょっとした違いで音の変化を楽しめたり、自分の好みの音質を探す楽しみもあるように、デジタル世代の方にはちょっと理解不能な世界ですね。

オーディオ ターンテーブル オーディオ ターンテーブル オーディオ ターンテーブル オーディオ ターンテーブル
MICRO RX5000 RY5500
ハイエンドなアナログプレーヤーと言えば外せないマイクロ!相当昔の物ですが根強い人気で未だにかなりの高額で取引されているものです。

トーレンス プレステージ

 アナログプレーヤーの頂点という人もいるのでは?

状態の良いものだと100万円以上で取引されている驚きの機種です。

デノン DP-100

1981年頃にデノンが放送局などの為に業務用で開発したものです、受注生産だった為数も少なくレアな一品です!

EMT 930ST

ヨーロッパの各地の放送局などで使われていたモデルです、日本のユーザーにも評判がよく人気の高いプレーヤーです。

※ヴィンテージばかりのご紹介になりましたが、新しいモデルの物もモチロン買取致しております♪

オープンリールデッキ・カセットデッキ・DAT

テープデッキと言えば世代によって思いつくのはこんなところではないでしょうか?

オープンリールデッキ、カセットデッキ、DAT以外にもテープの種類はありますがここではこの3種類をご紹介させていただきます。

オーディオ ターンテーブル オーディオ ターンテーブル オーディオ ターンテーブル オーディオ ターンテーブル

ティアック F-1

ティアックのオープンリールデッキで1976年に最上機種として販売されたものです。業務用としても信頼されるレベルでいまだに高値で取引されています。

ナカミチ 1000ZXL

カセットデッキを語る上ではこの機種は絶対にはずせない機種ですね。史上最高のカセットデッキと評価する方はかなりいるのではないでしょうか?

STUDER D780

1987年ころの製品ですね業務用という事もありなかなかお目にかかれないレアな一品です!

ナカミチ ドラゴン

他にも紹介したい機種はありましたが、個人的に外したくない1品でした。初めて音を聞いた時の感動が忘れられません。

 

※上記以外にも名機はたくさんあります!

CDプレーヤー・SACD

CDは皆さんに説明は必要ございませんね。

SACDはどちらかというとDVDに近い構造でCDよりはるかに多くの情報を記録できる規格ですのでCDより高音質で記録されています。

オーディオ CDプレーヤー オーディオ CDプレーヤー オーディオ CDプレーヤー オーディオ CDプレーヤー

エンテリック K-01

販売価格が147万とかなりの高額なSACDプレーヤーです。


ラックスマン D-08

こちらもSACDプレーヤーで、ハイエンド機の中では比較的低価格?という方もいるかもしれませんが…私は決して安いとは思いません。

フィリップス LHH1000

1988年ころ発売のモデルで、ドライブユニットにはCDM-1が搭載されています。

CDM-1搭載機は根強い人気がありますね。

マランツ CD-7

1998年ころのモデルですね。D/A変換部にTDA1541のダブルクラウンが使われています。一部のコアなファンはかなりいると思います。

※上記の物以外にも買取を行えないものもございますので、お気軽にお問い合わせください。

プリアンプ(コントロールアンプ)

プリアンプ(コントロールアンプ)の役割をソースの切り替え、ボリューム調整、トーンコントロールくらいと思われがちですが、CDプレーヤーなどから出力された微弱な音声信号をパワーアンプ(メインアンプ)で受けられるレベルまで引き上げる大事な役割があります。

よくパワーアンプ(メインアンプ)にCDなどを直付けは良くないと聞くのはこのためですね。

オーディオの音質を決める大事なユニットの一つです。

オーディオ プリアンプ(コントロールアンプ) オーディオ プリアンプ(コントロールアンプ) オーディオ プリアンプ(コントロールアンプ) オーディオ プリアンプ(コントロールアンプ)

マークレビンソン NO.32

二筐体構造のプリアンプ、電源、コントロール部分とオーディオ回路に分かれています。

販売価格300万円を超える物だった割にかなり販売されたようで、中古市場でもたまに見かけます。

マッキントッシュ C50

マッキントッシュと一目でわかるデザインですね。

ハイエンドオーディオを思い浮かべて真っ先にこのメーカーが出てくる人も多いのではないでしょうか。

 

サンスイ C-2302

1999年に発売された物でサンスイ歴代プリアンプの中でも最高機種と言える1台です。2000年にはC2302P(限定50台)が発売されサンスイ最後のプレステージモデルとなった。

アキュフェーズ C-3800

アキュフェーズの40周年記念モデルの第1弾!!現行モデルです。性能に対して販売価格の170万円は安い!という人もいるという一品!

 

※プリアンプ単体の買取ももちろん大歓迎です。

パワーアンプ(メインアンプ)

パワーアンプ(メインアンプ)の役割は、プリアンプ(コントロールアンプ)などから受けた音声信号を増幅させスピーカーに発信する役割ですね。

こちらも音質を決めるかなり大事なユニットですので、モノラルの物かステレオの物、また管球式(真空管アンプ)の物か等、皆さん音の好みで合ったものをチョイスしているようです。

オーディオ パワーアンプ(メインアンプ) オーディオ パワーアンプ(メインアンプ) オーディオ パワーアンプ(メインアンプ) オーディオ パワーアンプ(メインアンプ)

SONY TA-NR10

1992年発売のモノラルアンプです。なかなか見かけないレアなもので探し求めている人もいるのではないでしょうか?

クレル KAS

1993年発売のモノラルパワーアンプです。販売価格は2台セットで690万円!個人で所有している方はほとんどいないのではないでしょうか?

マッキントッシュ MC2000

創立50周年を記念して発売された真空管ステレオパワーアンプです。デュアルモノラル構成となってます。

マランツ Model2

マランツのパワーアンプの原点となるモデルの真空管モノラルアンプ。1952年頃の製造でかなり古いですが希少で価値があります。

 

※上記の物以外にも買取を行えないものもございますので、お気軽にお問い合わせください。

プリメインアンプ(インテグレーテッドアンプ)

プリアンプ(コントロールアンプ)とパワーアンプ(メインアンプ)が一つになったものです。

手軽で割と安価なものが多いので、オーディオを始められる方の最初の一台はプリメインアンプをチョイスする方が多いのではないでしょうか?

オーディオにのめりこんでいくと、セパレート(プリアンプ+パワーアンプ)の物が欲しくなっていくものですね。

オーディオ プリメインアンプ オーディオ プリメインアンプ オーディオ プリメインアンプ オーディオ プリメインアンプ

マッキントッシュ MA7000

プリメインアンプで92万4千円はかなり高額ですね。


アキュフェーズ E-600

アキュフェーズ創立40周年を記念した最上位モデル。

アキュフェーズは人気も高いので、かなり販売されたのではないでしょうか?

 

SONY TA-DR1a

受注生産で100万円を超えるソニーのプリメインアンプです。

ラックスマン SQ-38

ラックスマンの真空管プリメインアンプです。

個人的には真空管アンプ独特の優しく聞き疲れない音はかなり好きです。

 

※上記の物以外にも買取を行えないものもございますので、お気軽にお問い合わせください。

スピーカー

電気信号を物理振動に変えて、音楽や音声などの音を生み出す機械。

音質を決めるのにもっとも重要なユニットであることは間違いありませんね、アンプとの相性などを考えて購入されている方はかなり多いと思います。

自分の好みの音質を奏でるスピーカー探しも、オーディオをそろえるときの楽しみの一つですね♪

オーディオ スピーカー オーディオ スピーカー オーディオ スピーカー オーディオ スピーカー

JBL Project EVEREST

DD66000

オーディオに興味の無い方でもJBLの名前は知っているのではないでしょうか?

JBLの60周年を記念した最高峰

のスピーカー です。

ヴィンテージの物ではパラゴンもとても人気があります。


タンノイ  WestminsterRoyal

オーディオに興味のない方には聞き覚えのないメーカーかもしれませんが、オーディオを少しかじっている人なら高級スピーカーを想像した時にかなり早めに思い浮かべるのではないでしょうか?

そのタンノイのプレステージモデルです。

B&W 800D MR

イギリスの高級スピーカーメーカーです。近年ではオーディオに興味のない人でも耳にしたことがあるのではないでしょうか?800DはB&Wのトップエンドにあたるものです。ツイーターには人工ダイヤモンドを採用されたものです。

パイオニア Exclusive 2402

国産の高級スピーカーも負けてません。

誰もが知っているパイオニアが1983年ころに開発した物です。古いですがまだまだ高値で取引されている一品です。